カードローン申込時の在籍確認のタイミングと対応方法

カードローンに申込みを行うと、大抵の場合は職場に電話で在籍確認が行われます。これは、本人が申告した通りに本当に職場に勤務しているかを確認するためです。現住所は運転免許証などで確認することができますが、職場に勤務しているかどうかの確認は電話で直接確認を行わざるを得ません。カードローンの申込を行ってから職場に在籍確認が行われるタイミングですが、最初に行われる仮審査の段階で実施されるケースがほとんどです。ただし、一部の金融会社では本審査の際に行われる場合があります。在籍確認の電話の際に電話オペレーターは消費者金融であれば個人名で、銀行であれば銀行名を名乗ります。本人への取り次ぎをお願いする程度の簡単な内容です。

銀行であれば銀行名を名乗りますが、カードローンであることが分からないように配慮が行われます。最近は、従業員の個人情報を外部に漏らさないようにする会社も増えています。そのような会社は在籍確認の電話が来ても、用件を聞くまでは本人への取りつぎや、そのような人が居ることすら教えてくれない場合があります。従業員の個人情報保護などの目的で従業員の存在を教えてくれない場合には、あらかじめ借金の申込みで在籍確認の電話連絡が来ることを職場の関係者に伝えておかなければなりません。どうしてもカードローンに申込んだことを知られたくない場合には、金融会社の人にお願いして別の要件を用意することができる場合があります。在籍確認の電話では個人名や銀行名を偽ることができませんが、要件を僅かに変える程度であれば応じてもらえます。例えばカードローンではなくてクレジットカードの申込みとか、キャンペーンの案内などの別の要件で電話をかけたことにしてもらえる場合があります。電話をかけるオペレーターを男性または女性に指定することも可能です。どうしても電話連絡されると困るのであれば、在籍確認が行われないカードローンを選ぶことができます。職場の事業所名が記された社会保険の健康保険証を提示すれば、在籍確認を省略する金融会社も存在します。