カードローンのご返済のこつ

カードローンを適切に返済するには、まず、落ち着いて今現在の状況と、今までの借り入れと返済の流れを把握する事です。把握していくと、利息の払いすぎなどが見えてきます。さらに、頑張って返済をした後は、返済金利が減り毎月の返済金額がずいぶんと減った事にも気付いてきます。次に返済方法に注目する事が大切です。例えば第一回支払日が10月15日で、第二回支払日が11月15日、第三回支払日が12月15日だとする場合、特別に残業などを頑張って収入が増えたので、第一回支払分と第二回支払分を10月15日に支払ったとします。次の支払日は、12月15日ですが、待つことなく、11月15日に繰り上げて支払していく事が返済金利を増やさないこつです。支払日が先になると言うことは、その分、利息も増えるからです。

また、カードローンの手数料に注目する事も大切です。提携ATMから支払をすると、100円から200円ぐらいの利用手数料が発生します。銀行振り込みを利用する場合も振込み手数料が発生します。それらのコストがかからないようにすることが重要です。カードローンの借り換えを検討する事も重要です。金利を低く変えられるメリットがあるからです。金利の高い今のA社から金利の低いB社に借り換えるといった具合です。つまりB社から新規借り入れの申し込みをして審査を受けて、お金を借りて、A社の借入残高をゼロにしてしまうのです。後は、B社の金利の低い借り入れ金を返していくだけです。ただし手数料のかかる支払い方法になっていないかなど、本当に得をしているかを慎重に確認する必要があります。カードローンの借り入れ件数をまとめるのも有効な方法です。支払いする毎に手数料がかかっていたり、金利が高い場合はその分の借入を返済して、支払いする毎に手数料がかからない金利の低い会社からの借り入れを増やす方がお得です。支払い日もまとまってすっきりしますので、ストレスも軽くなります。(おすすめカードローン厳選3社