昔から有るキャッシングと今の時代との違い

キャッシングと言うとサラ金というサラリーローンのイメージが昔はありました。そんな所で借入したら、後の取立てで恐い思いをするよっと言うイメージもありました。それは賃金業者の法律があまりなく、自由に経営している企業が多かったせいもあったようです。お金が無いから企業からお金を借りる人は、卑下される人であって、そんなひどい扱いを受けても仕方が無いっと言うイメージもあったからかもしれません。

しかしそんな経営では一般的には、まかり通る訳でも無く、一時期は通せてもそういったやり方は長く続かないものです。そして、まともな賃金業者となりましたが、やはり、お金を借りるのはカッコ悪いというイメージがぬぐえない時代です。多くのキャッシング業者が路上で携帯ティッシュを配り、客寄せに必死な状態で盛んな時期がありました。

それでもキャッシングの店舗へ入って行くのを見られたら恥ずかしいカッコ悪いというイメージは誰もが思っていたことでしょう。そして、テレビでアコムからむじんくんと言う日本発の無人の機械だけでキャッシングの契約まで出来るものが導入され、誰にも知られずに、自動販売機でお金を借りれる感覚になってから、それからだんだんと様変わりしてきました。キャッシングの昔からの悪いイメージは、遠い昔の事ですが、お金を借りる事はみっともないというのは誰もが思っているので、無人でサラッと気軽に借りれることに、とても利点がありました。

しかし、その無人の機械の部屋に入って行くのを誰かに見られないかと恥ずかしい気持ちは取れませんでした。そして今の時代はインターネットでも何でも契約できる時代になってからは、無人の機械がある場所まで行かずに、家に居て契約が出来るようになりました。それからテレビのコマーシャルでの放映が盛んになって、キャッシングしている事は恥かしい物で無く、有効利用できる一時的な借入のようなイメージになり、恥ずかしいイメージも拭い去りました。昔からあるキャッシングと今の時代とは、全くイメージが変わっていったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です