仮想通貨とは?法定通貨と比べて戦闘力は高いのか

仮想通貨とは

仮想通貨とはP2Pの分散型サーバーで管理が可能であり、基本的な概念として非中央集権を目指しています。本来は「暗号通貨」という名前が正しく、ビットコイン等の取引は全て暗号化されているため改ざんが困難です。なぜお金として認められているか?に関しては、このあと解説しますが、信用を得るため複雑な仕組みになっています。

暗号通貨の最大の特徴として語られるのはブロックチェーンという分散型台帳の技術です。ブロックチェーンは従来の銀行のように中央サーバーでデータを管理していません。世界各国のノードと呼ばれるパソコンが「マイニング」という取引処理を手伝うことによってブロックチェーンに取引が記録されます。

マイニング

マイニングは一般の方でも参加が可能で、最近では専門ソフトが配布されているためPC知識がそこまで無い方でも抵抗なく始めることができます。ビットコインマイニングでは複雑な演算を最初に解いた人に報酬としてビットコインを貰うことができます。このマイニングをする人をマイナーと呼び、主に中国が50%以上の占有率を保っています。

ビットコインマイニングをするには電力消費が激しく、日本で行うと電気代が高く付きます。反面、中国では安い電気代で済むため組織やグループ単位でマイニングを一大産業として行っているのです。

ビザンチン将軍問題

いくら分散型のP2P方式を採用してもマイナーたちがグループ化し、51%以上で取引記録を改ざんすれば、その取引記録が正しいとされる問題があります。この問題を解決するために考案されたアルゴリズムが「Ploof of work」です。先程マイニングの項目で話した内容がPloof of workであり、報酬を与えるというプログラムを組んでいるため改善をしにくくしています。

ビザンチン将軍問題とは、例えば7人いる将軍がそれぞれ離れた箇所に待機しているとします。敵国に勝つためには伝達役が7人の将軍に同じ作戦を伝えなくてはなりません。この状況で仮に2人の将軍に「撤退」の命令が出たと嘘をついたとします。そうなると残りの5隊だけが敵国に攻め入りますので、負けてしまいます。ブロックチェーンでのマイニングは、この改ざんがおこらないために報酬制度を取りました。

まとめ

仮想通貨はなかなか一言では説明が難しいですが、なるべくシンプルに伝えたかったため短く解説に挑戦してみました。今回とても参考になったサイトが仮想通貨ドリームというブログです。仮想通貨とはの記事やブロックチェーンについての分かりやすい解説がとても参考になりました。かわいいペンギンのイラストも印象的です。様々な仮想通貨ブログや記事を拝見しましたが、だいたいの記事が専門用語が多く、当たり前に使っているため初心者にはとても理解できないと思います。しかし仮想通貨ドリームさんは、ひとつひとつの用語をしっかり説明しているため、読み進めるのが苦ではありませんでした。私も今後見習って、良い記事を書いていこうと反省しました。