カードローンの審査における在籍確認はどのようにして行われる?

日々の生活は予期せぬ出費の機会でいっぱいです。これらの一つ一つに対応して、足りないお金を即座に埋め合わせて乗り切っていくためには銀行や消費者金融を活用した借入サービスの利用が便利です。親や兄弟、友人などにお金を借りると後々に金銭トラブルになるリスクも生まれますが、これらの借入であれば自己責任で契約できるので誰にも迷惑をかけることがありません。とりわけカードローンは、一枚の個人カードを発行することで全国の提携ATMから便利に融資金を引き出すことができる優れもの。コンビニATMなどを使えば24時間いつでも引き出せる場合もありますので、緊急時のお金の用立てにも大きな助けとなってくれます。

これらのカードローンを契約するにはまず、しかるべき審査をクリアしなければなりません。その際にはまずネットや電話、店舗窓口、自動契約機、郵送などで必要事項を申請し、なおかつ身分証や年収証明書の提示も求められることがあります。審査過程ではまずこの申請内容を精査するところからスタートしますが、借入金額に見合うだけの収入があるか、信用情報は担保されているか、または全国の金融業者が提携する信用情報機関への照会を通じて過去の借入や返済履歴に問題がないかもチェックされます

そして審査の過程でもう一つ重要となるのが在籍確認です。在籍確認ではまず申請時に記載した勤務先へ審査担当者が直接電話をかけ、申請者本人がその会社に在籍しているか、勤務実態があるのかをチェック。電話に出た相手に対して申請者に通話を取り次いで欲しい旨を伝え、その応対がスムーズに行けば本人が電話に出る必要もない時点で審査完了となります。この時、担当者が金融会社名やカードローンの名称を口にすることはなく、多くは個人名にて電話をかけますので、会社の同僚などにバレる心配もありません。

ただし、勤務内容や勤務形態によっては電話がかかってくること自体が迷惑であったり、勤務先への在籍確認が明らかに困難であると言った場合には、あらかじめ窓口や電話で相談しておくことで在籍確認を他の方法に代えてもらうことが可能な場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です