銀行と消費者金融のカードローンの比較

カードローンで借り入れをするのであれば、その借り入れ先としては、銀行と消費者金融という、ふたつの種類がまず挙げられます。同じカードローンとはいうものの、それぞれに特徴がありますので、希望する条件にあったほうを選ぶということがたいせつになってきます。まずは銀行のカードローンですが、こちらは金利がきわめて低く、しかも限度額が大きいということが特徴であるといえます。金利が低いということは、トータルでみたときの返済額が少なくてすむということになりますので、返済という面ではかなり楽になるといえます。

また、限度額についても、通常であればとても借り入れることができないような金額であったとしても、その人の収入や職業などといった審査の際に問われる項目で高得点を上げることができていれば、すんなりと借り入れが認められる可能性があるということを意味していますので、一度に多額のお金が必要という人にとっては、銀行系のカードローンはかなりメリットが大きいということができます。

いっぽうの消費者金融のカードローンですが、こちらは金利はやや高い場合が多く、限度額についても銀行ほどではありませんので、どちらかといえば、給料日までのつなぎのお金がほしいとか、冠婚葬祭のために急な出費が出てしまったといった、少額で緊急的なお金の需要に対応しているものといえます。そのかわりとして、審査のスピードがきわめてはやく、なかには申し込みをしたその日の午後には審査を終えて口座に入金をしてもらえるといったところもあります

そこまでではなくても、当日中か翌日には審査が終了して、申し込みの次の日には口座入金があるといったところがほとんどです。銀行とはちがって審査の内容についても緩いところが多く、パートやアルバイトであっても借り入れが認められるのが一般的ですので、そうした意味では、かなり気軽に借りることができる業者であるということができるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です