カードローンを利用する場合の適用金利について

ご自身の収入や貯蓄などでは賄えないようなお金が必要になった場合に利用されるのがカードローンです。住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなど利用する目的が定まっているローンもありますが、カードローンの場合は、利用使途が決まっていません。仮にギャンブルの軍資金としてお金を借りたい場合でも、融資をしてくれるのです。目的別ローンは、年利で数パーセントの金利負担でよいのですが、カードローンの場合は、最大の18%もの高い金利を課せられるのです。

日割りで金利分が加算されていきますので、お金を借りてからすぐに返済すればするほど、負担分は少なくて済みます。カードローンの前身にあたるのが、サラ金です。やくざのような怖いお兄さんが無理に取り立てを行うもので、借金地獄に陥ることや、自己破産をしなければならなくなるなど、良いイメージは全くありません。

しかし、債務整理をしなければならない消費者が多発したことなどをふまえて、利息制限法という法律が適用されています。かなり安くなりましたが、それでも18%は決して安いものではないです。カードローン会社にはさまざまな業態があります。銀行系、信販系、消費者金融系、ヤミ金などです。銀行系のカードローンサービスを利用すれば、適用金利を上限ではなく、安くしてくれるケースもありますし、銀行のサービスだからこそ安心できます。

消費者金融系でも大手のカードローン業者であれば、不法な金利を課することはありません。金利が高いカードローンを利用する際に注意しなければならないことは、審査をクリアして融資を受けることができましても、必要以上にお金を借りないこと、なるべく早く返済することを忘れないことです。ですから、借りる際には、本当に借りなければならないのかということと、借りなければならない場合には、どのように確実に返済するのかということを念頭に置く必要があります。利用限度額までならいつでもお金を借りられると思い、ついついお金を借りてしまいますと、毎月の返済すらできない状況に陥ってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です