アメリカのキャッシングの状況と州によって違うルール

融資関連の商品は、日本全国の色々な所にて利用されています。ほぼ全国ネットワークで、事業を展開している金融会社はよく見られますね。やはり資金ニーズというものは、日本共通なのでしょう。

ところでそれは日本だけでなく、海外も同様になります。アメリカなどでも、その融資関連の商品に対するニーズはあるのですね。そしてその国の場合は、日本とは少々特殊な状況です。なぜなら日本と違って、ルールが非常に多彩だからです。

アメリカという国は、全部で50州ほどあると記憶しています。そしてそれぞれの州により、ルールが色々異なるのですね。 ところでキャッシングという商品は、色々ルールがあります。その1つが手数料の上限値ですね。

現在の日本のルールでは、最高値は20%と決まっています。その数字以上の手数料に設定されていると、罰則が発生するのですね。もちろんその数字未満であれば、特に問題は無いのですが。

そしてその日本のルールは、全国共通になります。県が違っていても、ルールは共通しているでしょう。東京と大阪のどちらも、上限は20%になるのですね。もちろん沖縄も同様です。

ところで前述のようにアメリカには様々な州がありますが、それぞれルールは異なっているのです。例えばAという州の場合は、上限の手数料が25%になっているとしましょう。ところがBの場合は、25%では違法になってしまう事があるのですね。

Bの場合は、23%などに限定されている事があるのです。 なぜならそれぞれの州によって上限値が異なっている訳ですから、1つのエリアで通じる手数料が、別のエリアでは通用しない事があるのです。それがアメリカという国の特徴の1つですね。

もちろん日本とは、非常に大きく異なっていると言えるでしょう。 つまりアメリカという国のキャッシングのルールは、非常に多彩になっている訳ですね。少なくとも日本に比べればとても多彩な状況になっている事だけは、まず間違いないでしょう。なかなか興味深い国の1つだと思います。

コメントを残す